三共自動車学校安全教育センター

お知らせ

適性診断・各種講習に関するお問い合わせお申込みは
0466-81-3706 まで

実施報告の最近の記事

エコドライブの普及を図り、大気汚染防止や地球温暖化防止等の環境破壊を防止するため、神奈川県の委託を受け、神奈川県等九都県市が推進しているエコドライブ実車講習を実施しました。

本講習は、11月と12月の2回に分けで実施しました。財団法人エコモ財団の実施要領に基づき、教習車に燃費計を装着し、2度に分けて受講者が運転し、1度目は普段通りの運転、2度目はエコドライブの方法を聴講後に助言指導を行いながら運転を行わせます。各々の計測データをグラフ化して比較し、エコドライブに関する診断書を受講者に交付することで、エコドライブの重要性を認識してもらうというものです。

今回は、参加者21名のうち、12名(1回目と2回目各6名)は座学と実車を用いてのエコドライブ指導を、残り9名(1回目6名、2回目3名)についてはエコドライブに関する座学のみを聴講しました。

参加された皆さんは楽しみながら有意義な時間を過ごすことが出来た、と喜んでおられました。

DSCN4635.JPGDSCN4628.JPGDSCN4718.JPG

去る10月11日(金)に神奈川県立鶴嶺高等学校において1年生向けの自転車講習会を開催いたしました。

鶴峰高校においては第一回となる講習会でしたが、自転車通学をする生徒が大半を占めるということで、交通事故やマナー違反を防ぐことを目的として依頼され、開催いたしました。

高校1年生の自転車による交通事故が増加しており、各学校においても自転車通学者に対する安全教育が必須となているという背景があり、先生方にも喜んでいただけました。

また、本年10月より神奈川県において自転車の保険加入が義務付けとなり、高額の自転車事故による賠償金額例なども示し、自転車通学をする生徒たちの保険加入を促すことも本講習の目的でした。

生徒の皆さんが交通ルールを守り、無事故で安全な自転車運転をしていただくことを切望します。DSCN4492.JPGDSCN4493.JPGDSCN4494.JPG

去る6月6日に藤沢翔陵高等学校において2年生を対象とした自転車安全運転講習会を開催いたしました。1年生向けの講習とは一味違った内容となっており、自主的に危険予測をしてもらうというものです。プリントに記入しながら聴講させる受講者参加型となっており、皆さん興味深く聴講しておりました。

運転免許を取得する一歩手前の年齢でもあり、自転車乗車中の危険予測をすることで、将来的にも安全なドライバーとなっていただけることを切望致します。

2019翔陵2年.jpg            22019翔陵2年.jpg

去る4月26日に湘南工科大において、バイク通学者を対象とした「二輪車安全運転講習会』を実施いたしました。

昨年に引き続き今回で3回目を迎える講習会ですが、新たにバイク通学を希望する約50名の学生さんが受講されました。神奈川県は全国的に見ても二輪車による交通事故が非常に多い県であり、その県内で毎日バイク通学するということは、交通事故に遭遇する割合が高くなるということを自覚して運転していただくことを目的としております。自ら事故を起こさないことは勿論、事故に遭わない運転が出来るライダーになるためにどの様な運転行動が求められるかについて講義いたしました。

通学時のみならずプライベート、四輪車運転時においても無事故、無違反の運転をぜひお願い致します。

DSCN3404.JPGDSCN3405.JPGDSCN3407.JPG

4月10日に昨年に引き続き3回目となる藤嶺学園藤沢中学校・高等学校の新一年生を対象とした自転車安全運転講習うを実施しました。

また4月15日藤沢翔陵高等においても進入学1年生の自転車通学者を対象とした自転車安全運転講習を実施しました。

この講習会は中学校・高等学校の新入生による自転車事故が相次いでいることから、自覚と責任を持って安全な自転車通学を行うため、弊社が毎年行っているものです。

新入学生の安全な自転車運転を意識し、事故のない通学をして頂くことを期待しております。2019.jpg2019-2.jpgDSCN3272.JPG

今年度も各企業新入社員向け安全運転講習がスタートいたしました。

その第一弾として平成31年4月4日、5日の2日間、これから企業ドライバーとして活躍される大手食品メーカー新入社員20人を対象とした安全運転講習会を実施しました。

「企業ドライバーとしての自覚と責任」についての座学を始め、事故に結びつきやすい性格特性、運動機能などを知る「運転適性検査」、自分の運転スタイルを振り返り基本に戻る「運転技能訓練」と2日間14時間という内容でした。

職業運転では駐車場での事故が多いという背景から駐車場での車庫入れ実習、普段あまり行わないと思われる日常点検など、実用的な運転訓練を行いました。

本講習を活かし、安全な職業運転を心掛けて頂くよう期待しております。

去る11月15日にエコドライブの普及を図り、大気汚染防止や地球温暖化防止等の環境破壊を防止するため、神奈川県の委託を受け、神奈川県等九都県市が推進しているエコドライブ実車講習を実施しました。

6月14日に第一弾を開催しましたが、今回はその第二弾として6名の職業ドライバーの方に実技講習を行い、10名の方に座学講習を行いました。

エコドライブの方法に関する座学を挟んで2回の運転をして頂き、通常運転とエコドライブ運転の比較を診断書として交付しました。前回の講習で一回目はエアコン使用、二回目は不使用で計測したのですが、「実力でのエコドライブを比較したい」との意見がありましたので、今回は二回ともエアコン使用なしで計測しました。

「エコドライブをするためにはふんわりアクセルで発進し、アクセルオフのタイミングを早めるため情報を遠くまで先取りをしなければならないため、燃費走行だけではなく安全運転、事故防止にも大きくかかわる運転方法である。」と受講された方も喜んでおりました。

DSCN2964.JPGDSCN2952.JPGのサムネイル画像DSCN2252.JPGのサムネイル画像

藤沢翔陵高校2年生の全員を対象に、自転車に対する交通安全講習を実施しました。実施内容としましては、

・  自転車の法的意義や違反の際の罰則規定について

・  受講者参加型により自転車の危険予測について

・  自転車心理テスト用紙を用いてのテスト

等を実施しプリントに記入しながら聴講させることにより、印象付けを行いました。

皆さん危険を予測できる安全な自転車運転をお願いいたします。

DSCN2193.jpgDSCN2201.jpgDSCN2202.jpg

4月20日に湘南工科大学において、バイク通学者を対象とした「バイク安全運転講習会」を実施いたしました。


今回は新たにバイク通学をされる約50名の方が受講されました。二輪車の交通事故事例のドライブレコーダー動画、身近な場所(藤沢市内)での事故事例などを示し、受講者参加型の講習でみなさん真剣に聴講されていました。


バイク通学のみなさんは、通学時だけではなく日頃から安全な運転を心掛けてください。

DSCN1910-2.jpgDSCN1919-2.jpg

新年度が始まり、今年も各企業新入社員向け安全運転講習が始まりました。

その第一弾として平成30年4月5日、6日の2日間、これから企業ドライバーとして活躍される大手食品会社27名の新入社員集合研修の一環として、安全運転講習を実地いたしました。

「企業ドライバーとしての自覚と責任」についての座学をはじめ、事故に結びつきやすい性格を知る「運転適性検査」、

自分の運転を振り返り基本に戻る「運転技能」と2日間14時間という内容でした。特に業務運転中は校内や駐車場での事故が多いという事で駐車場を設置し、実用的な駐車訓練を実地いたしました。

講習に参加された新入社員の皆さんは、真剣な表情で2日間集中して取り組んでいました。

今講習で得たものを活かし、安全な業務運転を心がけていただくよう期待しております。